tomitamethod.com
概要 研究 作品 特集 リンク お問合せ
エレクトロニクスアーツ浜松賞
「エレクトロニクス・アーツ浜松賞」最初の受賞者に冨田勲氏が選ばれました。
この「エレクトロニクス・アーツ浜松賞」は、財団法人ローランド 芸術文化振興財団が 『電子楽器演奏および、音楽制作における先駆的貢献と、電子音楽分野の確立に 貢献』された方を 表彰していくための「顕彰制度」として設けられたもので、第1回受賞者に冨田 勲氏が選ばれました。



●受賞理由 (報道関係資料より〉   
「冨田勲氏は、1974年にシンセサイザーによる本格的な第1作である「月の光− ド ビュッシーによるメルヘンの世界」を発表され、その作品はアメリカ・ビルボー ド誌 のクラシックチャート第一位を獲得するなど、全世界で空前のヒットとなったこ とは 周知の通りである。 オーケストラのすべての音色作りはもちろん、全パートの演奏と録音を冨田氏ご 自 身がお一人でこなされ、この音楽制作方法は現在主流となるパーソナルスタジオ での 音楽製作の先がけとなっている。その後も、次々とアルバムを発表され、クラシ ック・ ファンや電子音楽ファンのみならず、幅広い層から圧倒的な支持を得ている。 当財団では、同氏の電子楽器演奏、電子楽器を駆使した音楽制作を通じた電子音 楽 分野確立への多大な貢献と業績を称え、このたびの『エレクトロニクス・アーツ 浜松 賞』贈呈に至った。」                 


●冨田勲氏コメント
このたびの「エレクトロニクス・アーツ浜松賞」に、私が 初の受賞者ということで、 たいへんうれしく名誉に思い ます。それと同時に、私自身ここで過去をふり返り まして感慨深いものがあります。 私は作曲をするかたわら、40年近くにわたって、 独自に電子機器による新しい響きを出す楽器音の 開発にこだわってまいりました。それは私の音楽表現 にとって極めて重要な事柄との思い込みがありました。 しかし、それには過去の参考にするものがなく、 ひたすら地図のない山を登るようなもので、進む先に 明確な目標も見えてこず、ただ足元を見ながら自分の 信念と、その先の未来に広がるであろう大きなロマン のみを 頼りに夢中になって今日までに至りました。 その間ローランド設立当時の梯社長、そして社員の 方々からは多大な技術的なご協力をいただきました。

山の霧が晴れてふり返り、はるか下に自分の 登ってきた足どりが見えてきた瞬間、私のはなはだ 勝手な解釈ではありますが、その方向は間違って いなかったと確認ができた時、 後悔のない時を、 志を同じくするみなさんとともに過ごさせていた だいて来たことに大きな幸せを感じます。 その証が今回の賞であると思い、心から皆様に お礼を申し上げます。 まだまだこの先にも険しい難所がありますが、ロマン がある限り今後も続けてまいりたいと思います。 よろしくお願いいたします。
冨田勲



財団法人ローランド芸術文化振興財団のページは コチラ


前のページに戻る
copyright