tomitamethod.com
概要 研究 作品 特集 リンク お問合せ

冨田勲トークセッションレポートレポート


10月28日、東京芸術大学千住キャンパスにて 「冨田勲 トークセッション 〜モーグシンセサイザーから立体音響まで〜」と 題した冨田先生によるセミナーが行われました。 ここではそのセミナーの内容と共に、セミナーを体験して感じたことなど、研究生の視点からレポートをして参りたいと思います。

15時より開始されたトークセッションですが、セミナーのメインとも言えるのが冨田先生ご自身による「MOOG III」の徹底解説でした。 「MOOG III」に収納されている各モジュールを端から順に全て解説していただき、さらには音作りのノウハウやあの有名な口笛の音色の作り方なども ご教授いただきました。講演中に冨田先生が「外見とは違って出音はショボイ」と仰っていた通り、初めにMOOGから出てくる音は とても単純な電子音やノイズで、表現力の高い楽器とはお世辞にも言えないような印象を受けました。
しかし、その印象はセミナーが進むにつれ、全く違ったものに変化して行きます。

セミナー会場
MOOGIII モーグシンセサイザーはその箇体の大きさと風貌故に、どんなに厳密で精度の高いマシンなんだろうかと 想像してしまいますが、 手動で調節しないとスケールが狂ってしまう電子キーボード、 ちょっとした接触不良で音程や音色が変わってしまう脆弱な安定性、 さらにはアナログ式調節つまみの微妙なひねり具合で音が変わるような不正確性の中でコントロールしていたりなどど、 反してそれは とても曖昧で不安定な楽器であることが冨田先生の実演からも伝わってきました。 しかし、だからこそ演奏者である冨田先生の感性に委ねられる部分が大きくなり、冨田先生の独自の世界が表現できるのではないかとも思います。 扱いの不自由さは、表現の自由さの代償なのかも知れません。
冨田教授によるご講演の様子 復活したばかりのMOOGIIIを、冨田先生はユーモアに溢れる表現を交えながらレクチャーされておりました。 ドンカマ(演奏時に演奏者のイヤホンから流れるメトロノーム)の音がオーケストラの音に埋もれないよう、MOOGのモジュールを利用して ドンカマの音量をオケの音量に比例させて増大させた話など、制作当時の裏話や工夫など、貴重な体験談を実演を交えてお話してくださいました。 冨田先生の「工夫次第で色々なことが出来る」というお言葉はご実演の中でさらに説得力を増していき、当初私が感じていた印象とは打って 変わって「時と場合によって形を変え、演奏者の表現を素直に受け入れる」楽器であると思うようになりました。


MOOGIIIについての解説が一通り終わった後、「展覧会の絵」の中の「卵のからをつけたひなの踊り」や、「火星」の冒頭の部分など、 MOOGIIIで音作りをされた音源(しかもサラウンド!)をご披露して下さいました。中でも「〜ひなの踊り」ではヒヨコ、ニワトリ、猫のそれぞれのキャラクターが MOOGでの音作りとサラウンドを活用した立体的な音の動きによって、存在感のある活き活きとした表現で見事に描かれておりました。 猫の鳴き声(フギャー!と言わんばかりの)によって曲が終わりを迎えると、会場からは大きな拍手が沸き起こりました。 「〜ひなの踊り」のサラウンドプログラム


冨田先生が何十年にも渡って追求されてきたMOOG。時間の都合もあり、今回語られた部分は冨田先生が持つ膨大な量の経験の中のほんの一部ではありますが、 工夫次第で色々な新しい表現が可能となるMOOGの持つ可能性に触れることが出来、大変良い体験をさせていただきました。 最後に今回のセミナーに携わって下さいましたスタッフ、及び東京芸大の学生の皆さまと記念写真を撮影いたしましたが、皆さまMOOGや冨田先生の音楽に 深い思い入れをお持ちのようでした。 スタッフと東京芸大のみなさん



あとがき

 最初から大量のプリセットが組み込まれ、「1から音色を作る」よりも「大量のライブラリから音を探す」といった使い方が出来てしまう。 そんな近年のシンセサイザーからでは考えられない多大な労力であったのだろうと感じさせられます。だからこそユーモラスかつ繊細に作りこまれた、 先生の世界が出来上がったのではないでしょうか。先生の、音に対しての強いこだわりとその経験に、ただただ想いを馳せる次第です。
セミナーが終了してもしばらくは冨田先生を取り囲んでの質問や撮影が行われ、昔を知る方々は懐かしい視線で、若い方々は興味津々にMOOGIIIを眺めておいででした。 私自身、今回のセミナーを通してモーグシンセサイザーへの見方や観念が深化し、今まで以上に興味深い楽器と考えるようになりました。 決してモーグシンセサイザーは過去の遺物ではなく、工夫することによって、今だからこそという使い方があるのではないでしょうか。 勿論、演奏する個人によって全く異なった使い方や表現の仕方もできるのだとも思います。冨田先生がお使いになられ始めてから既に 35年の月日が流れたこのMOOGIIIには、 未だ新しい可能性が秘められているのかも知れません。

2006 年10月28日

漢那 拓也

前のページに戻る
copyright