tomitamethod.com
概要 研究 作品 特集 リンク お問合せ


2007 年 1 月末〜 2 月中旬に行われた第 1 回サラウンド録音実験では有志でご参加頂いた各位からの要望を反映させながら実験のプランが立てられ、以下のような取り組みが行われました。

■  2007 年 1 月 31 日 ガムランの録音

尚美学園大学に常設されているガムランを使用し、次世代マイクプリアンプに搭載されたオートゲインの効果を探りました。オートゲインは録音の際に入力レベルがピークに達すると自動でゲインコントロールを行う機能であり、エンジニアが参加して収録が行えない場合に有効な機能と言えます。故意にガムランをオーバーレベルで録音し、参加者の皆さんと一緒にその効果を探りました。

ガムラン演奏
RME「MICSTASY」
 
マイクプリアンプ  RME 「 MICSTASY 」 

■  2007 年 2 月 10 日 ワンポイントマイクでのオーケストラ録音

尚美学園大学芸術情報学部音楽表現学科 第 4 回定期演奏会のサラウンド録音を各社よりお貸し頂いた複数のマイクで試みました。実験は少数の人員でシンプルな機材を使用し、ワンポイントマイクの特徴比較をしながら、どれくらい効果ある録音が行えるかを参加者の皆様と一緒に試みました。

ホール録音風景
オーケストラ演奏の様子
前回の様子

マイク配置図

使用マイク例:【 SANKEN 】 CO-100K 、 WMS-5 、 CUW-180 【 Holophone 】 H2PRO 【 THE 】 BS-3D  他

マイクの配置は現場で皆様と一緒に検討し、決定しました。 

 

なお、この時の録音物の音源が、先日行われた「Inter BEE 2007」SANKENブースにおいて、デモとして紹介されました!

SANKENブース
SANKENブース2
Inter BEE 2007のSANKENブースの様子

SANKENブース

 

■  2007 年 2 月 13 日 尚美学園大学 川越キャンパス「鳴き竜」 録音実験

尚美学園の川越キャンパスには「鳴き竜現象」を聴き取ることができる場所があります。「鳴き竜」は簡単に言えば、平行な二つの面の間で音が何回もはねかえる多重反響のことで、特定の条件が揃った場所で見られる現象です。この音響効果を音楽表現に応用すべく、測定を行い、研究生が作品創作をしました。

鳴き竜現象録音風景
鳴き竜現象録音風景2
前回の様子

5.1 chサラウンド作品 「ユニバース」/研究生:漢那拓也

 ( WMA 形式5.1chサラウンド 5.06メガバイト)

ダウンロード

ダウンロードの際には、上のバナーを右クリックしてから「対称をファイルに保存」をお選び下さい。

※サラウンド再生について…

この作品は 5.1ch サラウンドで収録しておりますが、 2 ch ステレオでもご試聴いただけるようになっております。再生にはWindowsMadiaPlayer9.0以降をお使い下さい。それ以外のプレイヤーですと、正確に再生されない場合がございます。なお、 5.1ch サラウンド再生対応のパソコン、並びにサウンドカードをお使いの環境でございましたら、より臨場感のある、サラウンド音楽をお楽しみいただけます。 (サラウンド再生を必ずお約束するものではございません。)

WindowsMadiaPlayer最新版のダウンロードはこちらから

 

■  2007 年 2 月 20 日 サラウンドマイク比較 ピアノ録音

尚美学園大学上福岡キャンパス内の小ホールでピアノ録音を試みました。前回と同様に貸し出し頂いた複数のマイクを使用し、配置は参加者の皆様と一緒に検討しながら決めています。また、小ホールとトミタ研究室とで遠隔モニターも行われ、 150 mの距離を MADI によって伝送しました。また、録音エンジニアの半田健一教授にも参加頂き、録音についての様々なアドバイスを頂きました。

使用マイク例:【 SANKEN 】 CO-100K 、 WMS-5 、 CUW-180 【 Holophone 】 H2PRO 【 THE 】 BS-3D 【 AKG 】 414  他

ピアノ録音風景
ピアノ録音風景2
前回の様子

■  Special Thanks

特別参加 : 中冨 雅之氏(ピアノ演奏)

特別参加 :  林 純一郎 氏(エンジニア)

特別参加 :  渡部 祐也 氏(取材)

参加協力 : 半田 健一教授(録音エンジニア)

参加協力 : 小迫 直子先生(ガムラン演奏)

参加協力 :  井崎 正浩 先生(指揮)

参加協力 : 尚美学園大学オーケストラ

参加協力 : 川越児童合唱団

 

■  ディスクにて実験結果のご報告

j

収録内容

【 DISC1 】  DVD − AUDIO ( 5 . 1ch )  

サラウンド録音実験 〜収録音源の比較抜粋〜

【 DISC2 】  DVD − AUDIO ( 5 . 0ch )  

尚美学園大学芸術情報学部 定期演奏会 「カルミナ・ブラーナ」

【 DISC3 】 写真データ&各社製品カタログ PDF

 

■  第1回サラウンド録音実験 参加企業様

•  株式会社シンタックスジャパン (マイクプリアンプ)

•  DM Digital Musician GmbH 日本支社 ( DML )

•  三研マイクロホン株式会社 (サラウンドマイク)

•  ヤマハ株式会社 ( DAW )

•  カナレ電気株式会社 (光ファイバー、 BNC ケーブルおよび O/E 変換機)

•  オーディオ・プロセッシング・テクノロジィ株式会社 (サラウンドマイク)

•  アルファーモード株式会社 (マイク)

•  株式会社ステレオサウンド (プロサウンド誌:取材)

順不同 敬称略

 

 

前のページに戻る
copyright